文学女子に食べられる ひまわりのたね 立ち読み「ミステリアス女子の告白に耳を傾けると・・・!!」|エロ漫画に首ったけ



普段無口で大人しい後輩女子に
童貞男子が優しく激しく食べられる・・・!

簡単なあらすじ

文学サークルの後輩に密かにときめいていた!

その娘は、無口で大人しい何処かミステリアスな

雰囲気を醸し出す彼女!

ある日、その娘に誘われ飲みに・・・!

彼女が唐突に口を開いた!

「先輩って…とても…その…かわいいお耳…してますよね…」

「私…その…お耳を舐めるのが…好きで…」

「私…あの…少しアブノーマルな趣味で…」

「もしその…先輩がそういうの…嫌いじゃなかったら…」

「お耳…舐めさせていただけませんか…?」

「このあと…私のおうち…来ませんか…?」

この後の展開は・・・・!

文学女子に食べられる 続きはコチラから↓





感 想

雰囲気がとても良い!

静かにストーリーが展開し

息を潜めて徐々に盛り上がる♪

ねっとりと絡みつくエロスが溢れ出て

こちらも興奮してくる!

手を休めることなく

読み進められる。

女の子は可愛いしエロい

この男になったつもりで読んでいける♪

今日もヌキまくりたい♪

文学女子に食べられる 無料立ち読みはコチラから↓